ゲームと現実を混同する若者の実態をとくと見よ!

小さくなると威張るが大好きです。リンクは自由にしてもらって構いません。

削りと崩し0

リィズさんがローテで言ったたことを自分なりに流用してみる。

 

 

 

 削り・・・並びで相手のポケモンを倒すこと。

崩し・・・単体で相手のポケモンを処理し、または役割を失わせ勝ち筋を引き寄せること。

 

簡単な概念ですが一応補足をします。

(ここでの定義)

*削りの例としては第五世代のダブルでクレセリアに対してラティ@眼鏡+ランド@スカーフでとんぼ返りをして削り流星群で仕留めると言った場面や

4世代のシングルバトルでヘラクロス@鉢巻のメガホーン+ライコウの10万ボルトでHAメタグロスを処理すると云った構築の組み方のことです。

 

*崩しとは本来以上の火力で持って相手のポケモンを処理しに行くこと、または本来の耐性で受けられない技で相手の役割を遂行させないで処理することです。

 

具体的にはボルトロスのうちおとす+ランドロス地震で相手のボルトロスを処理、ギルガルドの聖なる剣でラッキー処理ルートを作るなどです。

自分の構築では眼鏡ヒードランがそんな役割を果たしていましたね。


【全国ダ/ブル】私の愛したトリルメガバンギラスパート2 - wii_lyao’s diary-記憶の墓場

 

自分は圧倒的崩し派ですね。テンプレからやや外れた構成で相手の予定を狂わせることが構築の基本方針になっています。

その中でも眼鏡ヒードランはメジャーポケモンのほとんどをワンキルできるので2度動かせば即時アド(上から打てれば1度で1体持っていけるのでそれでもいい)になるのがいいですね。数字でなくて耐性で生きてるポケモンには若干の不利を取りますがねw

ワンキルされやすいポケモンが守れないのはどうか?という意見もありますが不思議なことに余り気にならなかったですね。特にみがまもと勘違いしてくれると計算が狂いやすいので更に良いです。上手く受けだしから負担をかけて行きましょう!!

 

 

今回はこのくらいで。

次回があるかもしれません。

ブログパーツ 無料