ゲームと現実を混同する若者の実態をとくと見よ!

小さくなると威張るが大好きです。リンクは自由にしてもらって構いません。

サンムーンダブル 構築記事を読むための用語集1

しさくばん

 

足りないのがあったらツイッターまで 基本的にダブル向けに書いています。ダブルメインのプレイヤーが書いているのでもしかしたら解釈が間違ってるかもしれません。自分が書くと堅苦しくなりがちなのですが今回は諦めてください。また一般的な語句は掲載してませんご了承を。

 

 盤面:控えのポケモンを無視して自分の2体と相手の2体が対面している現状。相手のポケモンを倒しやすい状態を盤面が強い、良いという。

展開:積み技を使う、控えのポケモンと交代する(これは切り返しとも呼ばれる)などして盤面を強くすること。基本的にこちらのポケモンが相手のポケモンを倒しやすい状態を作ることを指し、不利な状況を脱することは切り返しと呼ばれることが多い。

補正:本来表記されている数値を変化させる要素。特性、性格等が挙げられる。

確定1発:相手のポケモンを1発で倒せることが確定していること。同様に確定2発のような使われ方もする。

高乱数:①ダメージ計算の時に用いられる”高い確率で”を表す表記。相手のポケモンをおおよそ75%以上で倒せることを高乱数1発と表現し、それ以下を中乱数、20%以下だと低乱数と変化する。②わざで与えるダメージの乱数のうち、相手に与えるダメージの高いものが選択されたこと。「高乱数を引いた」という形で使われる。

ギミック系統:1つの技に効果をより強める技やポケモン等を合わせて採用した構築のこと。これに特化したものがコンボ構築で、ガードシェア(メレシー)+ラッキーのメレラキ等が有名である。

範囲技:相手2体以上に当たる技、味方に当たる技もある。ワイドガードでその技の味方への効果をすべて無効化できる。

要塞化:なんらかの手段を講じて相手ポケモンから倒されない状況を作ること。

見る:見据える。そのポケモンを対策して。そのポケモンと戦うために。

誤魔化す:対策するとの意味だが必ず対策できるわけではない場合に使われる。

切る:対策、考慮しない。

縛り:相手のポケモンより早く動き、倒せる状態。

圧力をかける:相手のポケモンを縛っているなどして相手が盤面で不利な状況を生み出すこと。

抜き性能:相手のポケモンをすべて倒す性能。倒しやすいほど抜き性能が高い。

 

 

参考:

【サンムーン・ダブル】対面構築 レート2000 | APPDATE

ブログパーツ 無料